信頼できる不動産投資会社を探す|評判を調べてみよう!

住宅

家賃保証という契約の利点

部屋

全てを管理会社に委託する

マンション経営はうまくいけば毎月安定した家賃収入を得られます。老後の生活の安定には最適の投資法です。ただし常に入居者を確保する必要があります。そのような場合に有効なのがサブリース契約です。これは不動産管理会社と家賃保証の契約をすることです。この契約を結ぶと、もしマンションに空室が出た時に不動産管理会社が家賃保証をしてくれるのです。その他に滞納保証というのもあります。これは入居者が家賃を滞納した場合に、不動産管理会社が代わりに家賃を支払ってくれるのです。サブリース契約はオーナーにとっては理想的に見えますが、それだけの管理料を支払う必要があります。また気をつけたいのは契約の内容です。家賃保証の期間がどのくらいあるのかを契約前に確認することが大事です。

入居者募集などを代行する

サブリース契約が人気なのは家賃保証や滞納保証だけではなく、その他にもメリットがあるからです。例えば空室が出た場合はすぐに次の入居者の募集をする必要がありますが、不動産管理会社が積極的に募集を行ってくれます。オーナーが1人で入居者を探すより、ノウハウを持っている不動産管理会社の方が効率よく募集できます。また入居者との更新手続きや賃貸借契約なども管理会社がやってくれます。退去手続きなども全てやってくれるので、実質的にオーナーが患わされることはないのです。マンション経営で最も避けたいのが入居者とのトラブルです。多いのが退去時の原状回復です。もめた場合は訴訟に発展することもありますが、サブリース契約をしておけば弁護士などの依頼など全ての手続きを管理会社がやってくれます。